住宅部門
ホーム事業案内 > 住宅部門
あなたは自分の家に何を求めますか? 間取りやデザイン、キッチンなどの設備機器、価格….
どれも大事なポイントですが、それらを支える土台の部分がしっかりしていないと本当にいい家とは言えません。
一番大切な骨組(構造)や断熱・気密・換気性能を施工業者任せにして、コストが安い、建築基準法ギリギリの施工になり、
その結果住んでからさまざまな障害が起きている家が多いです。

家づくりにおいて"目に見えない部分"こそ、健康で永く住むためにも最も大切なポイントなのです。

ハレルでは、県産材とエコな住まいにこだわった、



の『本当にいい家』をご提案いたします。
木造にこだわった家づくり
◆鳥取県産材
現在、環境問題は生活の基盤の最重要課題とされ、地球温暖化防止に向けた森林の整備は特に重要視されています。 整備された森林からは、木材が生産されることはもちろんのこと、人にやさしいこの大切な資源を有効に使うことは、環境整備の貢献につながります。

◆鳥取県産4寸角ヒノキ利用
鳥取の気候風土に適するのは地元の木材です。
ハレルでは、会社設立時より一貫して、県産材を100%使った家づくりをしています。
木には、育った地域の環境や気候を覚え、順応する特性があります。同じ環境で育った木材を、家を支える土台や柱、梁などに使用すれば、自然環境に負けない丈夫で長持ちする家になります。
1階と2階を1本の柱で支える「通し柱」だけでなく、各階を支える「管柱」にも4寸柱を使用し建物を守ります。

◆無垢材の特徴を熟知した施工
当たり前ですが木は生きており自然条件により収縮があり、それを考慮に入れず施行すれば家にも大きな影響がでます。
ハレルでは無垢材の特徴を理解した工法、施工においても熟練の職人の手によることで、長く家を支えます。

◆とっとり住まいる支援事業補助金対応
鳥取県で行われている『環境にやさしい木の住まい助成事業』を利用すると、県産材の使用状況に応じて、助成金をお客様が受けることができます。
健康で快適な暮らしは、正しい「断熱・気密・換気」から!
ハレルでは、「断熱・気密・換気」をトータルで設計し、正確に施工することを
"eアシスト工法"と呼んでいます。

環境に配慮した完全ノンフロンの高発泡ウレタンをスプレー吹き付け施工することにより、
家中を断熱・気密層ですっぽり覆うことができ、屋外の影響を直接受けない家をつくります。

さらに、室内で発生した湿気や汚染された空気を24時間計画的に換気することで、
暑さ・寒さだけでなく、健康面や静かさでも快適な住環境が得られます。

さらに、冷暖房の効率が良くなり光熱費が少なくてすみ、CO2の排出量の削減にも繋がります。
eアシスト工法で、健康・快適で家計と地球環境にやさしい「エコな住まい」を手に入れてください。
断熱・気密・換気の重要性
◆気密性が高いと換気不足になります!
高気密・高断熱住宅は、室内と室外がしっかり遮断され、防音性や冷暖房効率が良いなどのメリットがある反面、生活上発生する水蒸気や汚染物質(※)が
室内にこもりやすく空気環境が悪くなるというデメリットが出てきます。
その様なことを解決するために、外気に左右されることがない計画的な換気が必要なのです。
※汚染物質…建具や家具などに含まれているホルムアルデヒドやVOC(揮発性有機化合物)には発性物質が含まれていると言われています。

室内で発生し、汚染された空気をすみやかに排出する事で、 汚染物質濃度を低下させます。
また新鮮な空気を取り込むことで、家の空気環境の衛生面(カビやダニの発生を抑える)が改善されます。

生活による空気汚染を薄める為の新鮮空気量を必要最小量にするには室内空気の流れを一方向につくることが大事です。その為には新鮮空気の入り口と汚染空気の出口を明確にし、換気ファンによって室内空気の流れる経路を一方向にする必要があります。 

ハレルでは、一邸ごとに換気計画の設計を行なうため、24時間必要な換気量を適切な場所から給気・排気をすることができます。家族の健康のために、いつでも快適な空間を!
 
◆断熱材の性能を100%発揮するには、正しい知識と施工が必要です。
熱には、・伝導…壁などを伝わる熱 ・対流…空気が動くことで逃げる熱 ・輻射(ふくしゃ)…壁などから放射される熱 の3つの熱があります。
断熱材の役割は、この3つの熱を抑え、屋外と室内の温度差を小さくすることです。しかし設計書通りに、断熱材を天井裏や壁にただ入れるだけではいけません。家ごとに構造や気候、住まい方は違うので、その家に応じた適切な性能と厚みの断熱材を選び、正確に施工しなくてはいけません。
断熱材により気をつけるべき箇所、注意点、施工方法すべてが違います。施工を間違えると、結露の危険性を招いてしまうので、正しい知識で正しい施工を行うことが必要不可欠です。 ハレルでは、優れた知識を持つ断熱材専門業者によって、家中(屋根・天井から壁、基礎まで)高発泡のウレタンフォームをスプレー吹き付け施工することで断熱材で家をすっぽり包み、隙間のほとんどない高気密・高断熱の住まいを提供しています。

●高発泡ウレタンフォーム6つの特徴
1.完全ノンフロンで地球にやさしい
2.ノンホルムアルデヒドで室内の空気環境を守る
3.連続気泡フォームで優れた柔軟性
4.経年劣化が小さく、断熱性維持
5.現場発泡なので同時に高気密も実現
6.吸放湿作用があり、内部結露を抑える

●スプレー吹き付け施工の特徴
1.内断熱施工のため従来の設計をそのまま利用できる
2.スプレー吹き付けなので多様なデザインにも対応できる
3.小さな隙間も確実に発泡硬化し接着するので、高気密・高断熱を同時に実現
4.厚み設定が自在なので、更なる性能強化に対応が可能

■高発泡ウレタンスプレー吹き付け施工
① 柱等の養生
余分なところにスプレーが付着しないように各所をビニールシート等で養生します。
  ② 断熱材の拭き付け
高発泡ウレタンフォームを吹き付けると、瞬時に発泡し硬化します。
専門業者による安心施工です。
  ③ 工事完了
片付け・清掃後、気密測定を行い工事完了となります。準備から完了まで通常1~2日です。

◆吹き付け断熱&遮熱シート
気密性抜群の吹き付け断熱と遮熱機能の高い透湿防水シートにより、より高い断熱性能を発揮し、快適な住環境に貢献します。

◆吸音性能

ハレルの吹き付け断熱は吸音性能にも優れています。
屋根・壁・基礎の家全体を吸音性能の高い断熱材で包み込みことにより、家の中を静かに保ちます。

◆基礎断熱

ハレルでは基礎断熱を標準採用。それにより、より高い気密性を実現し、基礎を含め、壁、屋根と家全体を断熱材ですっぽり覆っております。
懸念される床下への湿度も機械式の計画換気により、いつでもクリーンな状態となっております。
また、熱交換第1種換気への変更も容易に可能となります(別途見積対応)。
 

◆気密の本当の目的は省エネだけでない!結露のおきない住まいです!
良い断熱材を使用しても、気密性がなければ、外気が室内に流れ込み、エネルギー使用が増え、快適性を失うだけでなく、室内の温度差を大きくして結露を引き起こし、その結果、カビ・ダニなどの繁殖元となり、健康面にも影響がでることがあります。
気密性を高める事は、決して息苦しい家をつくるのではなく、家の寿命、住む人の快適さや健康・安全を考えると、非常に重要な事なのです。

◆2度の気密測定
ハレルは、目標どおりの気密が実現できているか、 専門業者による気密測定を行い、数値化して確認します。気密測定を行わない、または1回のみの施工業者が多いなか、当社では、断熱・気密工事完了後とお客様引渡し前の2回測定します。
測定を何回か行うことは、隙間の起きやすい場所を特定することができ、早い段階で処置することが可能です。

    ※気密測定とは … 建物の穴(相当隙間面積)の大きさを測ることです。
一見すると壁や窓には穴なんて開いていないように見えますが、 建物には細かい穴や隙間などが存在します。その穴は隙間風が流れ住宅の断熱性能を低下させてしまいます。建物の熱損失係数や気密測定数値を知ることで、その建物の温熱環境性能が分かります。

  ※隙間相当面積(C値)とは … 家の気密性(隙間の量)を示す指標です。
気密測定から得た住宅の総隙間面積を実質延べ床面積で割った数値で、単位はc㎡/㎡。 C値が小さいほど気密性は高くなります。 
C値2.0、延床面積120㎡の建物の場合→隙間相当面積は、建物全体で240c㎡ (つまり1c㎡あたり2.4㎝の隙間が空いている) 

次世代省エネルギー基準で、 
北海道・東北は2.0c㎡/㎡以下、東北以南は5.0c㎡/㎡以下と規定されているなか、ハレルでは北海道・東北基準2.0c㎡/㎡よりもさらに下回る1.0c㎡/㎡以下の数値が出ています。 
◆各種保証・アフターメンテナンス
ハレルでは、建物建設開始からお引き渡し後まで、お客様にご安心いただくために、特定の瑕疵を無償で保証する制度(建設工事総合保証・地盤保証・住宅瑕疵保証・シロアリ保証)を導入(保証期間は個所と内容によります)。
さらに、6ヶ月・1年・2年・5年・10年・15年・20年に定期点検を実施。定期点検時以外での不具合が発生した場合は即時対応し、お客様の不安の解消に努めて参ります。

◆住宅以外のこともトータルサポート
ハレルでは住まいのこと以外に、土地のこと、ローンのこと、住宅に係る税金のこと、各種申請についてもプロのスタッフがサポートいたしますのでご安心ください。

◆各種補助金対応
とっとり住まいる支援事業
住まい給付金
各自治体補助金
住宅ストック循環支援事業など

◆「長期優良住宅」対応可能
「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(2009年(平成21年)6月4日施工)は、住宅を長期にわたり使用することにより、環境へ配慮や、建替えの繰り返しによる国民の住宅に対する負担を軽くし、より豊かで優しい暮らしにするために、国の定めた様々な認定基準に適合する仕様にすることにより、「客観的な事実に基づく付加価値」がその家に備わります。
また、「長期優良住宅」の認定を受けることにより住宅ローンの金利・税制面など様々なメリットがございます。
詳しくは当社スタッフまでお問い合わせ下さい。
断熱・気密・換気の重要性
一人ひとり希望の家は違うもの、百人百通り、ご家族内でも意見が分かれることも珍しくありません。
家族構成やご希望する広さや建築される土地形状が違う中で画一的な「間取り選択システム」では様々なニーズに答えることは難しくなっております。
住宅は人生で一番高価な買い物と言われており、それが完成した時「なんだか見たことのある家」では、折角の一大イベントに水を差すことも。
やはり長く住み続ける家には、住まわれる一人ひとりのこだわりが見える、お友達を呼んでちょっとだけ自慢したい、そんな家づくりを応援します。
まずはじっくりお話をお聞かせください、ゆっくりコーヒーでも飲みながら。。。
新しいお住まいに対するお客様のこだわりを大切にし、ハレルの家づくりに対するこだわりを融合させた家づくりをトータルでサポートいたします。
チラシやホームページに坪単価○○万円~とうたってあります。
それを見てイメージされている家の広さ(坪数)を掛けて住宅費を想定されているかと思います。
ですが、実際に話を聞きに行ってみると、様々な制約があり、うたっていた坪単価で建築が出来ない事が多いです。
本来見積金額は、同じ広さでも、間取りや設備機器、仕様が違えば当然見積金額も変わるものなので坪単価に面積を掛けるやり方では正確な提案が出来るものではありません。
ハレルではお客様それぞれの要望を細かく伺い、ご提案一件ごとに見積もりを出しております。
完成した建物をご覧になることも重要ですが、見えないところにこそ、その住宅本来の価値があると考えます。
ハレルの家づくりをより詳しく知っていただく為に、完成前の建物の構造をご覧いただいております。もちろん安全には最大限配慮させて頂いております。